なぜ協会へ行かないのか?

幸せになれるという感じがしないから。

プッシュされるのが嫌だから。

そもそも協会に依存していること自体が異常なのかもしれない。

 

良かったこともある。

我慢を強いられたことも相当にある。

そもそも自分の弱さに原因があったのではないか?

弱さ故に、依存できるものを求めていたのではないか?

 

その協会へ通うことに対して誇りを持つことが出来ない。

社会的な評価に敏感な人であればあるほど、

そのジレンマは大きいだろう。

 

誇りの持てる協会になってもらいたい。

 

理想と現実のギャップを埋めるには、

どのようにしたら良いのか?を真剣に考えている人は少なく、

その解決にはこうしたら良いというビジョンを持つ人はさらに少ない。

 

 

目標と現実のギャップを縮める努力をしてゆきたい。