読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新書と文庫のちがい

新書は、一定以上の質が求められ、明確な深堀したテーマが存在する。

     知的レベルの高い人向け。

 

文庫は、もっと大衆的で、安価版。ビギナー向け。大衆向け。

 

この区別がやっと明確に分かりました。

 

 

外国文学の中に、トルストイ著 『愛のあるところに神あり』という本があり、

25年以上前に読んだことを思い出した。

非常に懐かしかった。

 

八重洲ブックセンター たぶん5F