読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造分析が大事!

特許の明細書を読んでいて気が付いた。

ここまで書いているが、何について書かれているのかと言えば、

それは、構成するものを明記して、

どのような構造、どのような形状、どのような組み合わせ、

どのような特徴のあるものなのかを、誤解が生じないように

記述してあるのである。

 

その大きな特徴は、構造分析が深く、構造的な説明が多い。

 

特許の世界ほど、構造上の特性について、詳しく記述しているものはないのかと思う。

 

もっと構造を意識しつつ、問題の本質を考えてゆきたい。

 

日本の構造分析、産業の構造分析、人間社会の構造分析、

ひとつ一つの組織においても、IT系のネットワークにおいても、

UCにおいても、会社においても、構造的な分析が必要になると思う。