読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懇親会が終わってみて

懇親会が終わった。

盆踊りには、5町会から10万円ずつ(ただし南町会からは5万円)、PTAから5万円を受けて、合わせて50万円になる。

 

この費用をかけて、踊りの台を盛大につくる。

 

運動会でのメンズ企画をどうするのか?

どのようなサプライズがいいのか?

かぶりものがいいのか?

ガチ勝負がいのか?

 

前校長の悪い点を挙げていた。

遠足時にも遅れてきて、しかも連絡がつかず、

熱い中を児童を待たせておいて、平気で遅刻してきたそうである。

ついに一昨年に校長が辞退してくれた。

 

その他、雑談などが続いたが、

8月初旬に行われる盆踊りに合わせて、具体的に何をすべきなのか?を明確にさせることができないまま、2次会へと移っていった。しかし、私ははしごをしない。

 

本来はもっと、次の準備に対して、そこにフォーカスをして、取り組むべきであったが、ややフォーカスがぼやけていた感じはする。

 

3日間のうち、どのタイミングでもよく、途中からでも参加さえしてくれれば良いという立場と、3日間において、責任をもつ人との打ち合わせでは、おのずから戦略的な立場が違ってくる。

 

打ち合わせの時間は、そうそうになく、

事業参観日の休み時間か、外部での懇親会(飲み会)である。

茶々を入れる程度の関与レベルではなく、責任のあるポジションで動いてもらえる人が必要である。

 

どこがどう違うのか、一見すると分からない。

話を広げ過ぎずに、フォーカス点を絞って、話をしてゆくべきであるが、

話の流れが、転々と変わってしまうのが一般的であるので、その制御をするのには、それなりの意識をもっている人の助言が必要になると思う。

 

防災訓練後の体育館での、お泊りも意味あることであるが、

どのような品目にするのか、体制をどうするのか、一人では構想を立てにくいので、そのアイディアを求めて、懇親会を開くのではないのか?

説明をするだけではなく、着地できるレベルまで話を落とし込む方がもっと重要であると思うが、これがなかなかできないものである。

 

 

 

存続問題

KAIAの存続問題、次期の会長を秋葉さんへ戻す。その後の事務・運営はいかに?

メンズの存続問題、卒業生のメンズはやめてしまうので、後続するメンバーを集めて、引き継げる体制を作る必要がある。

 

ピコラボの存続問題、月々60万円もの家賃を払うだけに見合った収益を出せるのか?

三味線事業の存続問題、そもそも事業として成り立つのか?

 

BSの存続問題、どうなるか?

UC自体の存続問題、深刻な問題を抱えつつ、どのように打開してゆくのか?

社会的な信用を取り戻すには、どうしたら良いのか?

 

町屋KJの存続問題、もう6~7年前の統廃合されてしまった。

あの時の南モクサニムは、今どのようにしているのだろうか?

 

いろいろなところで、存続問題が発生している。

 

増添知事は、存続できなかった。都民・都議会がそれを許さなかった。

さらに、知事与党の自民・公明党までもが、不信任案の提出を決めた。

 

存続問題という観点から、考えてみたときに、どのように行動すべきなのかの

光景がまったく違って見えてくると思う。

 

 

 

 

 

懇親会の目的・テーマは?

例えば、知的財産交流会であれば、

特許のことが、ある面、暗黙の了解としてテーマになる。

具体的に掘り下げることも、意味があり、共通の関心筝でもある。

 

BSならば、UC関連という感じである。

 

メンズならば、子供の習い事や、進路、学校の行事などについてであろうか。

 

交流をするということの前提には、

ある程度の共通の関心事が必要とされる。

 

メンズは、地域的な交流の場である。

地域性ということ、

滝口さんという強力なリーダーシップのもと、企画を立てくれていて、

深く関与しないメンズメンバーにおいては、それに乗ってゆくことが、大体の流れである。

 

おいしい食事や、ドリンクがあったに越したことはないが、

必要なのは、深みのあるテーマである。

 

メンズの会自体の存続ということも、視野に入れてゆくべきであると思う。

こどもとの触れ合いの場を学校の行事の中に組み込んでゆく。

 

地域の絆は大事であるが、なかなか構築されにくい。

 

ドンボスコ保育園の親父の会の、最後の交流会にて、

沖縄料理のお店に入ってら、アルコールを飲む人はどんどん飲むし、

それを割り勘にしてら5000円にもなり、その5000円に対して、どれだけの収穫があったのかと考えてしまう。

 

漠然として中での、懇親会よりも、ある程度のテーマがあった上での懇親会になれば良いが、それは、企画側スタッフの腕次第である。

 

乾杯・自己紹介・食事を食べながらテーブルでの会話・

ある程度進んだら、メンズの活動予定の説明・どのような活動を望むのか・

意見交換・記念写真・サイボウズにアップする。

 

終わってみればなんであったのか?

しかし、東京駅の本屋で本を読むことと比べて、どうであると考えるのも、短絡的であろう。

 

事務局側では、メールアドレス・携帯番号等の情報を管理することも大事なことである。

私は、どのようなポジションで動くべきであるのか?

どのようにすれば場が盛り上がるのか?

浅はかな考えではなく、交流のシステム分析として、よく観察をしておきたいところである。

 

 

 

にっぽり夕やけこうやけ会

ダンスサークルカラーズが今までの練習の成果を披露する場が本日あった。

 

マイクをもった司会者は、この館のスタッフであろう。

青色のシャツでジーパン姿である。

 

この総合司会者が一番苦労されたと思う。

最初から最後まで、司会を続けた。

 

AUDIBLEな響きといものも重要であり、プロの司会者を使わないでも、

それなりに、会場の雰囲気にあった音声で難なく司会を全うした。

 

こういったイベントには、必ず司会者が必要である。

司会者がどのように話すのかをよく観察し、どのようにすれば上手く進行するのかを

もっと深堀して考えてみる必要があると思います。

 

イベントの終了後に、椅子の後片付けに協力してあげた。

 

また、これを交流する機会であるというアナウンスをしていたが、

このようなイベントを通して、どのように交流ができるのか。

顔見知りの人は、メンズの2人だけであった。

 

それでもメンズに入っていたことで、地域の人の触れ合いを持つことができてよかった。

 

本日の夜7時からは、メンズの懇親会である。

どのように交流をすべきなのか?を考えてゆきたい。

 

生涯独身を貫く決意の神父さま

本日、ドンボスコ教会で3回目のレクチャーを受けた。

 

神父さんは、神から与えられた使命を果たす為、

神のみ言葉を伝える為、神と共に働く為、

 

 

生涯をかけて独身を貫くという決意をしたそうである。

40年の歳月をかけてきたそうである。

誇らしげに語っていた。

 

オーソドックス(正統派)では、妻子有りの神父が少数いるそうだ。

しかし、妻子持ちの神父では、より高い地位に就くことができないそうである。

 

この世の仕事であれば生涯かけてするものではないだろう。

この道を生涯かけてやり抜くという意思の表れとしても、独身としての意味がある。

 

誇らしげ語る姿がとても印象的であった。

 

舛添知事が拒絶される理由

ここ1か月ほど、舛添知事の公私混同に対する批判が多い。

都庁に2万件以上の苦情が来ているそうだ。

 

一般的には、説明責任を果たしていないと言われる。

 

元検事の弁護士2人に調査させたが、自分の口で説明ができていない。

嘘の供述があるのではないかという疑念が晴れていない。

疑念を晴らすには、何をすべきであるのか?

もっと真剣に考えるべきである。

 

都政も渋滞させている。

代表質問でも、一般質問でも、舛添氏の進退についての

多くの時間がさかれた。

ある面、非生産的な会議になってしまっている。

本来議論しなければならない課題が議論されず、その被害を都民が受けている。

 

この状況を打開する道筋をもっと早くに示すべきである。

あまりにも自己保身的な回答ばかりでラチがあかない。

 

正直に話している雰囲気も感じない。

何のために、知事という立場に固執しているのか?

都政にプラスにならない原因がどこにあるのかを謙虚に思い図ることである。

 

しかし、舛添氏個人だけの問題ではなく、

これをきっかけとして、どのように考えるのか?

もっと高い視点から物事が考えられるようになってゆきたい。

 

 

知的財産管理検定 3級にしてしまった。

よくよく考えたら、3級という入門者向けの検定を飛ばして、いきなり2級の検定を申し込んでおけばよかったと後悔した。

 

年3回実施される試験であるとは言え、

3級で11000円も払ってしまった。

2級を受ければ15000円かかるので、安くて、確実に受かる方を選んでしまった。

 

もっとチャレンジすべきであった。

 

明日の土曜日はどこに行こうかな?

 

代々木公園のベトナムフェスティバル?

秋葉原のもったいないフェスティバル?

 

もっと深く速く考えることができるようにしてゆきたい。